届ける

届ける彼と知り合ってからというものの、私は毎日彼のことばかりを考えていました。
最初は友達として仲良くしたいという気持ちが強かったのですが、
数回顔をあわせただけで私の心は変りました。
友達ではなくて「恋人になりたい」と思ったのです。

アプローチをすることなどはあまり得意ではないのですが、
不得手な私なりにアプローチをすることにしたのです。
時々メールをしたり、電話をかけてみたり・・・その程度ではありましたが、その頃の私にとっては
大きな勇気だったんです。

彼のほうからもアクションをおこしてくれるようになってからは
一緒に出かけることも増えて行きました。

何とかして自分の気持ちを伝えなくてはという気持ちになっていた私は、
若干の焦りを感じ始めていました。

焦ることでも無いのですが、好きだという気持ちが強くなるとどうしても走りたくなるものですよね。

自分を落ち着ける意味でも「伝えなくては」という部分を少し変換したほうが良いのではと思いました。
言うならば「想いを届ける」といった表現が的確かもしれません。
強く伝えていくのではなくて、彼の横にそっと添えるような。

暫くは友達のままでの付き合いが続きましたが、知り合ってそろそろ1年が経とうかというときに
彼のほうから告白をしてくれてお付き合いをすることになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check